Twitterで自分をミュートにしている人を特定する為の方法と手順

b3de8871a9111da6326a4c94fb4874671bc3c24b

こんばんは!

ジェイソンです!!

 

あなたは、嬉しい事があったり病んでいる時に、

知らず知らずのうちに鬼のような数のツイートを乱射していませんか?

 

もしかしたら、あなたの友達からすると

 

『あいつのツイートはもう一生見たくねぇ!』

 

と、思われているかもしれません。

 

 

そして、知らないうちにミュートされちゃってるかも(笑)

 

 

今日は、そんなあなたのために

自分のことをミュートしている人のことを

特定する方法をご紹介します!

 

スポンサードリンク

PR

いい買い物の日キャンペーン 11月11日まで限定!11,111円GETできるチャンス!

 

 

 

ブロックとミュートの違い

 

まず、他人のツイートを非表示にするための方法はいくつかあります。

代表的なものが、ブロックミュートですね。

 

 

相手をブロックすると?

 

あなたもお分かりだとは思いますが、

ブロックはその人へのフォローが解除され、

自分のフォロワーリストからも強制的に除外されます。

 

そして、その人のアカウントを見ても

『ブロックしているためツイートが表示されません。』

という表示になります。

 

 

 

ただ、デメリットとしては

相手のフォロワーのリストから消えてしまって

バレるおそれがあるので、

リアルの友人関係もブロークンしてしまう可能性があることでしょう。

 

このように、

うざい相手をブロックするのは快感もスゴイですが

けっこうなリスクもあるのです。

 

 

 

 

ミュートなら安全!

 

そんなリスキーなブロックに比べると、

ミュートは相手とのフォロー・フォロワー関係はそのままに

 

相手のツイートだけを自分のタイムラインに

表示されないようにすることができます。

 

 

これなら、心のなかで

『あいつさっさとTwitterやめろや』と思っていても

こっそりミュートをしてしまえばすっきり解決ですね♡

 

 

 

 

 

しかし、逆に自分がこっそりミュートされていたら・・・

 

 

 

5832369

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

185336801_624

 

 

 

 

となってしまうかもしれません。

 

 

 

 

こんな風に、ショックで発狂するおそれがありますが

 

『それでも、僕は真実を知りたい!!』

 

という方は、この前へ進んで下さい。(笑)

 

 

スポンサードリンク

 

自分をミュートしている人を特定する方法

 

 

真実を知る覚悟は出来ましたか?

 

 

では、恐ろしい現実を見に行きましょう。

 

 

 

こちらのリンクから進むと、

自分をミュートしているアカウントを特定する

連携アプリの認証画面に進みます。

 

 

その後、画面内の

『アカウント認証をする』を選択しましょう。

 

IMG_7531

 

 

すると、以下のように

アカウントの利用を許可する画面に移るので

問題なければ『ログイン』を選択します。

 

 

ちなみに、右上に

自分のアイコンが表示されるので

そちらでチェックしたいアカウントかどうかを確認して下さい。

 

 

 

IMG_7532

 

 

 

すると・・・・・・

 

 

 

IMG_7533

 

 

ふう。

 

 

一安心ですね。

 

 

Twitterでも普段からお利口さんにしていてよかった―(笑)

 

 

 

しかし、もしあなたのことを

ミュートしているユーザーがいる場合は

この画面で容赦無い現実を知ることになるので、

 

使用する時は十分に注意してくださいね。

 

 

くれぐれも、こうならないことを祈っています。

 

 

 

 

185336801_624

 

 

 

 

 

以上、ジェイソンでした(笑)

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>