iPhone6からiPhone7変化は少ない!!

aihonniiiiii

今季秋に販売を予想されているiPhone7ですが、販売が近づくにいたって
様々な予想や噂などが飛び交っています、その多くの噂に関してはカメラ
の性能だったりしますが、そんな情報をまとめてみました。

iPhone6s 予約 Apple

iPhone6からiPhone7へ

まず一番気になる内容で、多くの人がiPhone6シリーズからiPhone7になる
事で大きくモデルチェンジすると期待していると思いますが、今回のモデル
チェンジは大きく変化しないと予想されています。

大きくモデルチェンジされない理由

今回の新作iPhone7が大きくモデルチェンジしない理由があります、それは
来年2017年度はiPhoneが初めて販売されてから記念すべき年になるから
です。

なんと初期のiPhoneが誕生し、販売されてから来年で10周年になるからです
この記念すべきメモリアルイヤーにiPhoneが大きくフルモデルチェンジする為
今回発売される予定のiPhone7は大きな変化はないと考えられます。

今までiPhoneがフルモデルチェンジしてきたルーティーンである、2年周期は
今回発売のiPhone7ですが、この守られてきたルーティーンも変わると予想で
きます。

因みに前回のフルモデルチェンジは2014年発売のiPhone6/6plusです。

しかしルーティーンを期待しフルモデルチェンジを楽しみにしている
iPhoneユーザーも大勢いるので、今まで欲しいといわれ続けた機能が
搭載されると予想できます。

iPhone7の変化

多くの方が噂するもので、今季秋に販売を予想されるiPhone7のモデル
チェンジでかなり濃厚な噂となると、一番はイヤホンジャックの消失
次にディアルカメラの搭載・背面のアンテナラインが側面へ移動する
防水機能の搭載がメインとなるでしょう。

なので、今まで使用されてきた、アルミボディーの等は次回販売される
予定のiPhone8になると思います。

外観の変化よりスペックの向上が期待される

先ほども記載させていただきましたが、大きなフルモデルチェンジとは
ならない代わりに、スペックの大きな向上と新機能搭載が期待されます。

その理由として先月アメリカ国内で放送されたテレビ番組で発言したApple
CEOの「ティム・クック氏」のはつげんである。

Appleのティム・クックCEOが発言した次期iPhoneに関する内容は

誰もが新型iPhoneに買い換えたくなる革新的新機能を搭載する

それ無しでは生きていけない」機能を搭載させる
このような名言があったので間違いなくスペック面に関して
大きく進化すると思われます。

 

iPhone7スペック向上で最も濃厚な噂

プロセッサーA9からA10へのバージョンアップされる噂は

大きなモデルチェンジが期待できない以上間違いなく搭載

される必要なものとなるでしょう、そこでA10に関係ありそ

うな動画があるので見てください。


iPhone乗り換えで現金をもらう方法

softbankを専門的に取扱いしているウェブ特化型販売サイト

おとくケータイ.netで、販売代理店で終了してしまった伝説の

キャンペーンで現金を貰うことができます。

ご契約書の郵送だけで携帯スマホを購入できます!

おとくケータイ.netではAppleの規制によりiPhpneの取り扱いを

サイト上に掲載していませんが、softbank取扱い専門店であり

iPhoneに関して取扱いしています。

最新機種のiPhone SEもiPhone 6Sも在庫があります。

さらに気になるキャッシュバックの金額に関しては

iPhone SEのキャッシュバックは2万円

iPhone 6S のキャッシュバックは3万円

おとくケータイ.netとは?ソフトバンク機種専門の携帯・スマホショップです。

おとくケータイ.netが御得な理由

私がいつも紹介させて頂いているSoftbank乗換え

最強と言われているサイトおとくケータイ.net

現在一括0円での契約・キャッシュバックの廃止・月々

の使用料金のUP、これに悩まされている方が多いいと

思いますが、おとくケータイ.netで乗換え「MNP」する

ことで、月々の使用料金を下げ・キャッシュバックを

貰い、一括0円も可能となるそれが、おとくケータイ.net

皆さんの救いの手となる事間違いないと思います。

是非この機会におとくケータイ.netでお乗り換えしましょう。

 公式サイト→おとくケータイ.net

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>