Twitterでログインできない時に確認すべき8個の確認項目

Steps-to-Take-if-You-Cannot-Log-Into-Your-Twitter-Account

こんばんは!

ジェイソンです。

 

今日で2015年も前半戦終了ですね!

世間では6月30日のことをハーフタイムデーと呼ぶみたいですが、

ジェイソンにとって今年は大ブレイクの年だったと思います!

 

ただ、後半戦で大暴落しないように、

明日からまた気合を入れ直さなきゃですね!!

 

 

さて、今日はTwitterを使っていると

稀におきてしまう『ログイン出来ない』というトラブルの

原因を考えていきましょう。

 

ではさっそく行きますね!!

 

スポンサードリンク

PR

いい買い物の日キャンペーン 11月11日まで限定!11,111円GETできるチャンス!

 

確認すべき原因は全部で8つ

 

さて、自称ITリテラシーの塊であるジェイソンが、

世間のログインできずに困っているツイッターユーザーたちのために

原因を洗い出して見せましょう!

 

 

ログイン出来ない8つの代表的な例がこちらです!

 

①IDまたはパスワードが間違っている

②スパムによってアカウントが乗っ取られてパスワードを変更された

③Twitterのシステム上のトラブル(稀に発生するサーバーダウンなど)

④機種変によってSIMカードを変更したばかり

⑤Wi-FiでSSL接続されていない

 

 

<アプリではなくブラウザの場合のみ>

⑥キャッシュまたはクッキーによるエラー

⑦javascriptが無効になっている

 

 

<Androidのみ>

⑧本体ではなくSDカードにアプリが入っている

 

 

 

では、それぞれの場合について詳細を見て行きましょう。

 

①IDまたはパスワードが間違っている

 

ログイン出来ない理由のうちの7割くらいはこれじゃないでしょうか。

 

ひたすら、別アカウントのユーザー名やパスワードを入力していたり

間違ってメールアドレスを入力したり。

(アプリだとそんなに多くはないですが)

 

複数のアカウントを持っている人だと

特に混同の恐れがあるので

こうしたエラーが多発する気がするのは、ジェイソンだけでしょうか?

 

 

何を隠そう僕もたくさんのアカウントを持っているのですが

(確か7個くらい)

ブラウザでログインする時は、

必ずパスワードを自動保存しています。

 

万が一パスワードを思い出せない場合は、

おとなしく登録済みのメールアドレスに

パスワードを送信してもらうのがベターですね。

 

 

②スパムによってアカウントが乗っ取られてパスワードを変更された

 

一番やっかいなのがこれです。

 

最近では、悪質なbotを見ていると

Twitterの連携アプリの導入を要求してきますが

これはかなりスパムの危険性が高いです。

 

ジェイソンもたまに魔が差してついついDLしそうになってしまうのですが、

Twitterを乗っ取られる怖さを想像したあとは

すぐに自分のほっぺたをビンタして我に返ります。

 

 

悪意のある連携アプリをDLすると、

スパムアカウントの所有者に自分のIDやパスワード、

メールアドレス等の個人情報を抜き取られてしまうので

一瞬にして乗っ取られてしまいます。

 

どんなに面白いページを見ていても、

連携アプリを無闇やたらに許可していては

自分の身の危険も常に考えましょうね!!あ

 

 

③Twitterのシステム上のトラブル(稀に発生するサーバーダウンなど)

 

稀に、Twitter側がシステムのメンテナンスをしていて

ログインできなくなることがあります。

こんな画像が表示されます。

 

gijutsutekina-mondai

 

 

Twitterはワールドワイドなピーポーが使っている

オーサムなアプリということもあって、

もちろんそれを支えるサーバーも尋常じゃないレベルのものを使っています。

 

 

しかし、そんな状況でも

稀にサーバーダウンすることがあるんですね。

 

2013年ごろの話ですが、

日本でラピュタが放送される度に

ユーザーが一斉に『バルス!』とつぶやいて

度々サーバーをダウンさせていましたね。

 

 

a1787f27b7af6129f8447b62d142631f

 

 

他の国のユーザーからしたらとんでもないはた迷惑ですが

まあ日本人のチームワークがオーサムだってことにしておきましょう( ゚д゚ )

 

 

④機種変によってSIMカードを変更したばかり

 

機種変したばかりでTwitterのアプリを起動すると、

IDとパスワードがまだ新しいSIMカードに記録されていないため

再度ログインする必要があるようです。

 

スポンサードリンク

⑤Wi-FiでSSL接続されていない

 

これは、Wi-Fiをオンにしたまま

スタバなどのWi-Fiが飛んでいるカフェに入った瞬間に

Twitterを開こうとすると起こります。

 

スタバのWi-Fiは、一旦電波がつながった後に

ブラウザを立ち上げて、パスワードを入力する必要がありますからね。

(at_STARBUCKS_Wi2という電波です)

 

そして、Wi-Fiの登録アカウントが認証された後でないと

スマホで電波が使えないという特徴があるので注意が必要です。

 

 

 

<アプリではなくブラウザの場合のみ>

⑥キャッシュまたはクッキーによるエラー

 

キャッシュとクッキーと聞いても、何それ?

と思う人が多いと思うのでお答えしておきます。

 

と思いきや、素晴らしい回答が

他のサイトにあったのでそちらを記載しますね。(笑)

 

 

キャッシュとは、よく使うデータを一時的にスマホに記憶させる仕組みなんです。
というとよくわからないので、インターネットに置き換えると、

一度訪れたページに再度アクセスするとしましょう。

そのときに、すぐにそのページが表示できるよう、

インターネットにアクセスした情報を蓄えておいてくれるんです。

つまり、このページにアクセスしたんだよ、と覚えてもらうという、ということです。

 

 

Cookieとは、Webサイトの提供者が、Webブラウザを通じて

訪問者のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させる仕組み。

 

この場合は、設定画面からブラウザの設定を選び

キャッシュとクッキーをクリアすればOKですね。

 

 

⑦javascriptが無効になっている

 

普段はオンになっているこちらの設定は、

稀に何らかの操作によってオフになってる場合があるので

ブラウザの設定画面からオンにしておけばOKです!

 

 

<Androidのみ>

 

⑧本体ではなくSDカードにアプリが入っている

 

こちらはアンドロイドユーザー限定のものです。

 

SDカードにアプリのデータがある状態だと、

IDやパスワードをスマホ本体に保存できないため

毎回ログインが必要になります。

 

 

なので、アプリのデータは必ず本体に移しておき、

写真や動画などのファイルをSDカードに移しておいたほうがいいですね!

 

 

 

 

以上、ざっくりですが

ログイン出来ないときに考えられる原因8個をまとめて見ました。

 

 

普段通りにアカウントに入れないとついついパニクってしまいがちですが、

ここに挙げた原因を一つ一つ検証していって

落ち着いて処理すれば大丈夫だと思います。

 

 

どうしても困ったら、Twitterのサポートに電話しましょう!!

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>