卒業シーズン到来 進学に備えてソフトバンクに乗り換えでとくする。

sakura

携帯料金を節約するためには、ソフトバンクに乗り換えるのがベスト

ついに卒業シーズンか到来いましたね!! 学校を卒業されるお子様がいる

親御様おめでとうございます。

いよいよ来月から新生活がまっていますね? そこで新生活をよりお得に

するために携帯料金の節約をしてみるのは、いかがでしょうか?

携帯料金を節約したい方必見!!ホットな情報をご案内させていただきます。

定番Softbankギガ学割

もはや定番となっている、softbankの学割、今回の学割は今までと少し

ちがいます。 学割ではなくギガ学割なんです。

その内容は、25歳以下であれば、学生ではなくてもギガ学割の対象になります

しかも、ギガ学割対象者がいるご家族様もギガ学割の対象になるんです。

さらに、データ通信料プレゼントか、ホワイトプラン基本使用料0円を

選べるんです。

ギガ学割割引内容

ギガ「GB」プレゼント学生の場合

200GBプレゼント(毎月6GB×36か月)233280円相当が貰える。

ギガ「GB」プレゼント家族もしくは学生ではない25歳以下

100GBプレゼント(毎月3G×36か月)116640円相当が貰える

ホワイトプランの場合

3年間基本使用料0円「36288円最大

スマ放題・スマ放題ライトは2年間基本使用料金2年間「1620円割引」

ギガ足りてる?家族も学生も!ギガ学割 基本料最大3年0円! or 学生200GB! 200GBもあげちゃうのか!

基本使用料とGB金額比較

 

明らかに見て解ると思いますがGBプレゼントの場合学生なら233280円

ご家族なら116640円 基本使用料なら36288円

 

 

学生例
(233280円-36288円=196992円)

ご家族例

(116640円-36288円=80352円)

金額を比較してみてもやはりGBプレゼントがだんぜんお得ですよね。

 

更に人気機種を安く持つ方法を公開します。

現在ソフトバンクに、お乗り換えでき、高額キャッシュバック

キャンペーンをしている購入サイトを、ご紹介させて頂きます。

「おとくケータイ.net」「スマホルーム」「ソフトバンクオンラインショップ」

この3社がオンラインショップで有名です!!

ソフトバンクオンラインショップについて

 「ソフトバンクオンラインショップ」の画像検索結果

ソフトバンクオンラインショップは直営の販売サイトとなるため、入荷が一番早い

しかし、「スマホルーム」や「おとくケータイ.net」と違いキャッシュバックの

金額が安いので、金額的に割高となります。

スマホルームについて

        「スマホルーム」の画像検索結果

スマホルームはお乗り換えキャッシュバックが20000円~50000円と高額です。

しかも一括0円機種などもそろえていますが、販売地域が東京・神奈川に限られる

のであまりオススメではないです。

おとくケータイ.net

おとくケータイ.net独自キャンペーン!ソフトバンクにお乗換え(MNP)でどこよりも高いキャッシュバックに挑戦!時価!しかも!公式キャンペーンと併用できます!

おとくケータイ.netでは、ソフトバンクにお乗り換えで、キャッシュバック

20000円~500000円とスマホルームと変りがありませんが、日本全国どこでも

来店不要 ご自宅にいながらお申込みし手続きをし、

自宅に送られてきたご契約書に記入し、送付するだけで購入できます

3っの販売サイトを比べると、明らかにおとくケータイ.netでお乗り換えするのが

1番いいですよね? そこでもう少し細かくおとく.netを紹介します。

お客様満足度NO1の実績がある

おとくケータイ.netではソフトバンク機販売部門『ソフトバンク社様調べ』

お客様満足度NO1の実績を持っています。

そのため土日祝日関係なしに24時間お申込み・お問い合わせ可能!

専門のスタッフを配置しているので「キャッシュバック・ご契約・機種情報」

等の質問に親切・丁寧に対応してくれます。 おとくケータイ.net独自キャンペーンと

ソフトバンク公式キャンペーンを併用してご契約できるので。

代理店や家電量販店でご契約されるより2倍おとくなんです。

新生活をソフトバンクにお乗り換えして、節約・おとくしたい

そんなかたは是非、おとくケータイ.netまで。

公式サイト→おとくケータイ.net

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>