Twitterのタグ付けが出来ない!やり方や使い方をまとめてみた

e4be66a258a32d74bbaece4237bb4df8_s

こんにちは!
ぴよちゃんです(^^3)/

 

ツイッターの画像にタグづけってしたことありますか?
またはされたことありますか?
なかなかできなくて困ったんです。
今回はどうしてタグ付けできないのか?
基本のやり方もまとめてみました。

スポンサードリンク

PR

いい買い物の日キャンペーン 11月11日まで限定!11,111円GETできるチャンス!

関連記事

→Twitterで非公開の鍵付きアカウント・ツイートを見る裏技

→Twitterで退会した後に復活する方法!それを繰り返すとどうなる?

タグ付けって何?メリットは?

タグ付けとは画像に写っている人や
写っていないけど一緒にいる人を
ツイートを見ている人に知らせることができます。

 
画像がタグ付けされると
画像の周りに人型アイコンと
タグ付けされた人の
ユーザー名が表示されます。

 
そのユーザー名をクリックすると
その人のページにいけちゃうわけです。
タグ付から、いつ誰が誰といたか
わかりますから
人間関係を垣間見れますね。

 

また、タグ付けされた人にも
通知がいくので
タグ付けされたツイートを
わざわざ検索しなくても
見ることができるのもメリットでしょう。

 

 

お友達と飲み会のあとは
誰かかれかが写真をアップしていて
タグ付けされるから
誰かがツイートしたらそれを見て楽しむタイプです(´∀`)
(自分はあまりツイートしないw)

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

タグ付けのやり方

実際にタグ付けしてみましょう。
まずはツイッターを開いて
ツイートボタンをポチ。

画像を添付します。

securedownload (6)

 

すると左下に
『誰か写っていますか?』と
親切にも問いかけてくれますので
タグ付けしたい人がいるなら
こちらをポチっとします。

 

securedownload (9)

『タグ付けする』画面に
切り替わったら
『ユーザーの検索』でタグ付けしたい人を探します。

 

完璧なユーザー名じゃなくても
候補がいくつか出てくるので
タグ付け希望の人を選択しましょう。

securedownload (10)

ユーザーを選択→完了するとこの画面になります。

securedownload (11)

タグ付けされたユーザー名が
ツイッター色になっていればタグ付け完了です(´∀`)

あとはツイートしたい言葉も加えて
つぶやくだけ☆

securedownload (7)

はい、ちゃんとタグ付けされています。

ちなみにタグ付けは
実は誰でもできるので芸能人の
アカウントを勝手にすることもできます。
なのでタグ付けされているからといって
一概に一緒にいたとはいえないでしょうね。

 

 

片思いのあの人が
自分以外の女の子のツイッターに
タグ付けされている・・・
けどいやいや、勝手にしてるだけでしょ?
・・・うん、そうだよね(°_°;)(; °_°)

 

 

ってこともありえるってことです(^-^)

スポンサードリンク

どうしてもできない場合はこんな理由が!

上記の方法を見ていただければ
非常に簡単なタグ付けですが
『こうやってもタグ付けできないんじゃボケが~!』

て方もいるかもしれません。

実はタグ付けできない理由はコレかもしれません。
タグ付けされる側のユーザーが
『タグ付けの拒否設定』をしている。

 

これの場合はもうこちら側ではどうすることもできません。
タグ付けされる側のユーザーが
その拒否設定を解除するまではできません。

 

タグ付け拒否やってないんだけど?

そもそもタグ付け拒否をした覚えがないんだけど
友達からタグ付けできないよ!って言われる・・・

う~ん、なんでだろう?

実は私のアカウント、一時期
『鍵(非公開)アカウント』でした。

 

試しに鍵を外してみると
まあ不思議!
友達から無事タグ付けされました(笑)

 

よく友達からタグ付けできない!って
言われて鍵をかけているアカウントの
人は試してみてくださいね☆

関連記事

→Twitterの鍵の付け方(非公開)!スマホアプリからの設定方法!

→Twitterで非公開の鍵付きアカウント・ツイートを見る裏技

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>