Twitterの鍵の付け方(非公開)!スマホアプリからの設定方法!

89ac92cc2bcdc8f634752edc0bf5bbb8_s

こんにちは!
ぴよちゃんです(^^3)/

 

ツイッターで日々思ったことを
つぶやいているわけですが
先日知り合いの人から
『こないだどこどこいったの?』
とか事細かく言われたり

 
ちょっとそこまで仲良くない人でも
こんなにチェックされているんだな~(ーー;)と
思ったことがあります。

 

中には会社の愚痴をつぶやきたいけど
見られたくないって人もいるはず。

 

そんな人は鍵をつけることで
非公開に設定できるので
悩みが解消されるのですが
その鍵を付け方がわからない!という方。
今回はスマホで鍵を付ける(非公開にする)方法をお伝え致します。

スポンサードリンク

PR

いい買い物の日キャンペーン 11月11日まで限定!11,111円GETできるチャンス!

関連記事

→Twitterで裏垢を簡単に作る方法!PC・スマホそれぞれ

→Twitterで非公開の鍵付きアカウント・ツイートを見る裏技

鍵をかけるメリットは?

自分のフォロワー以外に
見られる可能性がなくなるので
もう、それ以外の他人を気にしないで
ツイートできるという点です(*^_^*)

 

 

人は悩める生き物。
たまには思いのすべてを吐き出したい時もありますよね。
ノートに書きなぐってシュレッダーをかけると
河村隆一の奥様がテレビで言っていたけど
ツイートしたっていいじゃない!

 

 

人は書き出すことで
頭の中が整理されて
ストレスや怒りから解放される効果があると言われています。

 

また、片思い中の方は
恋愛のポエムや妄想をツイートしてみてもいいかもw
イメージが現実になるっていいますし。
しかし恥ずかしい方はアカウントに鍵をかけましょう。

twitterの鍵のかけ方と外し方!

以前はスマホからだと
アプリでtwitterを利用していた方も
ブラウザ(ネット上)から開いて設定をしないといけませんでした。
普段アプリで利用している人にとっては
少し面倒な感じでしたね。

 

しかしアプリからも鍵をかける設定が
できるようになったので
やり方をまとめてみました。
(iPhone、Androidともに可能です!!)

 
①twitterアプリを起動する。
右下のアカウントの項目を選択

②歯車マークを選択

securedownload (1)
③出てきた項目の中から設定を選択

securedownload (2)
④非公開にしたいアカウントを選択

securedownload (3)
⑤『ツイートを非公開にする』をオンにする

securedownload

たったのこれだけで
アカウントを非公開にできました。
試しにやってみるといいかも。

鍵をかけたあとにフォローされたら見られる?

鍵をかけても自分のフォロワーには
ツイートは公開されます。

じゃあ、鍵をかけたあとでも
フォローされたら見られちゃうってこと?

 

と心配になったあなた、朗報です^^
非公開に設定されているアカウントを
フォローする場合は承認されないと
フォローすらできないようになります。

 
フォローをリクエストされたら
許可するor拒否するを選択できますので
安心ですね♪

 

また、非公開から公開に
設定を戻した場合は
非公開時にツイートしていたものも
すべて公開されますので
そのへんは注意しで設定変更したほうがよさそうです。

まとめ

最近はtwitterだけでなく
その他SNSのおかげで
その人の普段の言動がわかる世の中になりました。

 
普段どんなに取り繕っていても
会社の上司の愚痴をつぶやいたのを
社内の人間が見るかもしれません。

 
また学校の友達の悪口などを
つぶやいてしまい、
フォロワーじゃないその本人が
見れてしまったりと
いいことはありません。

 

思っていることを
純粋に発言しすぎて
周囲とのトラブルになる可能性を秘めているtwitter。

 

ツイートも常識的な範囲でしたいけど
たまには本音をぶつけたい。
そういったときはアカウントを
鍵付きにして思いっきりつぶやいてみるといいかも!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>