ソフトバンク「XPERIA X」最新情報公開

X

ついに詳しいことをUP出来るようになりましたソフトバンク最新情報

その第一弾としてXperia Xをお届けさせて頂きます。

Xperia X Performance

XPERIA X Performance 美しさを極めたデザイン 進化した高性能カメラを搭載 XPERIA X Performance

Xperia X特徴

なめらかで手に馴染むラウンド形状
電源キーには指紋センサーを搭載

なめらかで手になじむラウンド形状

一体感のある美しいデザイン ボディーやフレーム
と同じカラー。 どこから見ても美しいデザイン。

一体感のある美しいデザイン

アルミの質感を上品に出演するカラーリング シックなモノトーンの
2カラーと、華やかな彩りの2カラーに合わせて、アルミの素材を生
を生かす加工を施しています。

ホワイト グラファイトブラック ライムゴールド ローズゴールド

Xperia X カメラ特徴

一瞬のシャッターチャンスを逃さない。 カメラキーの長押し起動から
オートフォーカス、撮影まで最速0.6秒 約2年前のXperiaと比較し
約2倍速くなっている。

Xperia™ 史上最速約0.6秒起動・撮影

動物や乗り物もクリアに撮影可能。 タッチした被写体の動作を予測して
フォーカスを合わせるので、動きのある動物もしっかり撮れる。

先読みオートフォー力ス

高精細な猫写力。 デジタル一眼カメラやサイバーショットで培った
ソニーのカメラ技術が集結されている。
約2300万画素数のメインカメラで美しい写真が撮れます。

約2300万画素メインカメラ

広い範囲を綺麗に撮影できる。 自撮りをするときも綺麗に撮影できる
なんと約1320万画素数の高画質で22mmの広角レンズを採用した
フロントカメラ

約1320万画素フロントカメラ

暗いシーンもクリアに撮影。高感度撮影が可能な大型センサーを搭載
これによって、夕暮れ時の撮影も綺麗に撮れる。

Xperia「ソニー」と言えば音質

CDを超える高音質なハイレゾ音源の再生と、周囲の騒音をカットする
デジタルノイズキャンセリングを両立。
クリアで上質な高音質を堪能できます

ハイレゾ+デジタルノイズキャンセリングで、静寂の中に響く、鮮やかな高音質
ハイレゾ音源とは
CDの約3~6倍の情報量がある高解像度の音源。
アーティストの息使いやLiveの空気感まで表現で
き、音源に近い音質を可能としています

バッテリーの進化

なんと今回搭載されるバッテリーは2年間使用しても劣化
しにくい、長く使用できるバッテリーになっています。
2年使っても劣化しにくい、長く使えるバッテリー

STAMINAモードで×テリーを長持ちさせることが可能になりました。
バッテリー残量が少ない時STAMINAモードをONにすることで待受
時間をさらに長持ちさせることが可能になりました

STAMINA® モードで、バッテリーを長持ちさせる

高速充電。 充電をすることを忘れてしまっても、朝の45分充電すると
やく1日は使用できるほどの性能

Xperia X画面操作進化

Xperia Z5と比較して、動作通信速度かスピーディーになり
画面操作の動きがサクサク早く、アプリケーションの起動
動画のダウンロード・ゲームのストレスなく快適に

動作も通信も、かつてないほどスピーディー

防水機能の進化

バスルームでも使用できるようになっていて、画面に水滴が
ついたままでも操作が可能。
オーディオジャックやUSBポートも防水対応で安心

バスルームでも使えるIPX5/8の防水性能

販売価格

販売価格に関しては残念なことにまだ公開されていない様子
予約販売開始に公開される様子です。

販売予約オススメ方法

おとくケータイ.netとは?ソフトバンク機種専門の携帯・スマホショップです。

少しでも安く手に入れたい、最新機種をより早くgetしたい方は

ソフォトバンク正規販売サイトであるおとくケータイに直ぐ

お問合せしましょう。

おとくケータイ.netだと現在ソフォトバンクショップで実施

していないキャッシュバックも現金でもらえ、自宅に届いた

書類に記入するだけで、ご契約・乗り換えが可能です。

また販売前なので必ずXpreia Xの予約と伝えましょう。

お乗り換え最強→おとくケータイ.net←お乗り換え最強

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>