オススメスマホ情報

iPhone7バッテリー容量微増説

今年度秋「2016・9月」に販売が噂されているiPhone7

気になるバッテリー容量に関する噂を公開します。

iPhone6シリーズからバッテリー増?

iPhone7のバッテリー画像が公開された様子ですが、公式の物では
ありません、しかしこのバッテリー画像は保々確定かと思います。

画像から読み取ると、iPhone7のバッテリー容量は7.04Wh
ちなみにiPhone6sは6.61Whこの記載のしかただとあまり
ピント来ないと思いますが、増量は微量となります。

さらにニュースサイトのMyDriversによるとこの数値をmAhに
書き換えた物が記載されていた様子で、iPhone7のバッテリー
容量は1735mAhになると記載、さらにiPhone6s/Plusの2750mAh
に対して7は2810mAhになる見込みだそうです。

バッテリーの大幅増量とはならない様子のiPhone7ですが、機種
事態が薄くなる噂もあるので、果たして機種が薄くなった時に出
る熱量などが気になりますね。

※あくまでも画像や情報はアナリストなどのうわさなので実際の
ところ気にならないと思います。

期待が高まるiPhoe7

AppleのCEO・ティム・クック氏が5月に発言したものです。

「次回でるiPhoneは革命的進化をとげる」

「誰もが買い替えたくなるiPhoneになる」
Appleは未発表の製品にたいして、秘密主義であり、このような
発言をすることが非常に珍しいです。
この発言から推測できることは、AppleがiPhone7の販売に力を
入れていること、新たな技術などの搭載でしょう。

更に気になる発言をAppleのCEO・ティム・クック氏がしてました。

「iPhoneなしには生きられなくなるような機能を搭載させる」

本気できになりますよね?iPhoneなしには生きられない、そんな
機能とはいったいどのような機能なんでしょう?
私個人的に考えられる機能は、我々の日常生活の中で当たり前に
行っている行動の何かを新型iPhoneで行うことにより、生活を今
以上に豊かにしてくれる物だと考えています。


Softbank乗り換え最強サイトの紹介

おとくケータイ.net私が色々調査した結果直接お店に行き

乗り換えをするよりトク出来る最強のウェブサイトです。

おとくケータイ.netとは?

Softbankの機種を専門的に取扱いしているウェブ特化型携帯
ショップです。

[aside type=”normal”]
softbankのスマートフォン・ケータイを1円でも安く
購入できるお店です。また、ご契約していただいたお
客様にキャッシュバック(現金還元)することで、さらに
お得して頂けます。
[/aside]

おとくケータイ.net 4っの特徴

①Softbank全機種取扱い「最新のiPhoneも在庫有り」
②キャッシュバック国内最高を目指しています。
③Softbankキャンペーン+オトクケータイ独自キャンペーン
の二つを受けることが出来る。
④ご契約方法はウェブから申し込み、自宅に届いた書類に
記入するだけでOK 来店不要

ご契約書の郵送だけで携帯スマホを購入できます! どこよりも高いキャッシュバックに挑戦中!

信頼と実績がある

おとくケータイ.netでは信頼と実績があります。

実績は何度もSoftbank機販売部門「softbankモバイル調べ」

によりお客様満足度NO1に選ばれています。

さらに信頼がある証拠におとくケータイ.netの悪質な書き込み

不評評価について価格comや2チャンネルでの書き込みがなし

だからこそ私は、おとくケータイ.netをオススメしています。

購入手続きの流れに関して

おとくケータイ.netで、でのご契約の手順

こちら→おとくケータイ.netのHPを開きましよう。

次に画面右上の「WEBからのお問合せ」をクリックします。

スクリーンショット 2016-02-06 14.20.11

スマートフォンをご使用の方は画面上にある「お問合せ・ご相談」をタップします。

2016-02-06 14.18.52

次に「メールでのお問合せ」をタップしてください。

そうしますと、お問合せ画面がでてきます。

スクリーンショット 2016-02-06 14.37.45

この流れに沿って、お名前・ご住所等をを書きこむみ、進むだけです。

非常に簡単な作業なので、約1分で終わります。

ウェブお申し込み数分後確認の連絡が来ます。

また電話が嫌な方はメールだけのやり取り希望と

お申込みのメールに記載しましょう。

2~4日後にご自宅に必要書類が届くので後は記入して

送付するだけでご希望の機種にお乗り換え出来ます。

是非この機会を逃すことなくお乗り換えしましょう。

公式サイト→おとくケータイ.net